コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《オリンポス》 おりんぽす

世界大百科事典内の《オリンポス》の言及

【グレバン】より

…パリの北方クレルモンに生まれ,早くからパリに出て人文学や医学を学んだが,同時に詩作や演劇にもおおいに情熱を燃やした。プレイヤード派の若き詩人ロンサール,デュ・ベレーと知り合い,その影響のもとに綴った恋愛詩を詩集《オリンポス》(1560)として刊行。演劇においては,中世劇の低俗さを憎んで古代劇を範とし,フランス語初の創作悲劇《カエサル》(1561)あるいは喜劇《出納官夫人》(1559),《みんなびっくり》(1561)などを書き,ルネサンス演劇の成立に重要な貢献をした。…

※「《オリンポス》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《オリンポス》の関連キーワードおちゃめ神物語コロコロポロン十二神(オリンポス十二神)オリンポスの十二神オリュンポス十二神オリュンポス[山]オリンポス十二神アトラス(神話)オリンポス[山]トロードス山脈シュピッテラーヘファイストスアフロディテデュ・プレシギリシャ神話オリンポス山オリュンポスムネモシュネアルテミスポセイドンマケドニア