コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《カータントラ》 かーたんとら

世界大百科事典内の《カータントラ》の言及

【パーニニ】より

…その言語の客観的分析,帰納的研究方法は,近代言語学に貢献するところが少なくなかった。 パーニニの学派はカーティヤーヤナパタンジャリの巨匠によって継承され,この3人を文法の三聖と称するが,非パーニニ系統の文法綱要書に《カータントラ》があり,これはベンガル,カシミールから中央アジアに流布し,カッチャーヤナのパーリ語文法,ドラビダ語文法にも影響し,チベットにも伝えられた。【原 実】。…

※「《カータントラ》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android