コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《カービヤ・ミーマーンサー》 かーびやみーまーんさー

世界大百科事典内の《カービヤ・ミーマーンサー》の言及

【ラージャシェーカラ】より

…マハーラーシュトラに生まれ,北インドのプラティーハーラ朝のマヘーンドラ・パーラ王(9~10世紀),マヒー・パーラ王(10世紀前半)などに仕え,宮廷詩人として令名を馳せた。その作品としては,詩論《カービヤ・ミーマーンサー》のほか,4編の戯曲がある。すなわち,叙事詩《ラーマーヤナ》と《マハーバーラタ》を題材とした《バーラ・ラーマーヤナ》と《バーラ・バーラタ》,王宮を舞台とする恋愛劇《ビッダ・シャーラバンジカー》と《カルプーラ・マンジャリー》が知られている。…

※「《カービヤ・ミーマーンサー》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《カービヤ・ミーマーンサー》の関連キーワードラージャシェーカラ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android