コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《カール5世》 かーるごせい

世界大百科事典内の《カール5世》の言及

【十二音音楽】より

…ウェーベルンは《交響曲》(1928)以後点描的な作風に転じて独自の十二音音楽を確立し,第2次世界大戦後の音楽に絶大な影響を与える。クルシェネクはウェーベルン,ベルクらによって十二音技法を知り,オペラ《カール5世》(1933)からこれを用い始めた。しかしクルシェネクは合唱曲《エレミアの哀歌》(1942)で十二音技法に独自の改良を加えた。…

※「《カール5世》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《カール5世》の関連キーワードカスティリオーネ(Baldassare Castiglione)シュナイダー(Reinhold Schneider)モル・ファン・ダスホルストマルゲリータ・ディ・パルマフェルディナント[1世]アウクスブルクの宗教和議フェルディナント(1世)メディナ・デル・カンポサンミッシェル大聖堂シュマルカルデン同盟フリードリヒ[3世]フランソア[1世]クレメンス[7世]フェリペ[2世]カスティリオーネシュパイエル国会シュパイヤー国会カルロス(1世)コムネロスの反乱パウルス[3世]

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android