コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《ガリレイの生涯》 がりれいのしょうがい

世界大百科事典内の《ガリレイの生涯》の言及

【ブレヒト】より

…代表作の《肝っ玉おっ母とその子供たちMutter Courage und ihre Kinder》(1939。1941初演)や《ガリレイの生涯Leben des Galilei》(1938。1947改稿初演),《セチュアンの善人Der gute Mensch von Sezuan》(1940。…

【ベルリーナー・アンサンブル】より

…54年には旧シッフバウアーダム劇場を与えられ,56年のブレヒトの死までに,《母》《コーカサスの白墨の輪》《家庭教師》《こわれ甕》などを上演し,公式路線からの批判も,パリ国際演劇祭受賞以後の世界的名声のために弱まり,ブレヒトの変革の認識をめざす新しい演劇の実践が開花した。ブレヒトの死後も,彼が途中まで演出した《ガリレイの生涯》をはじめ,水準の高い舞台を維持し,ワイゲルを中心に後継者たちがブレヒト遺産を継承し,ラングホーフ,カルゲら若い演出家も成長した。69年,水準の維持よりはいわば〈新しい水準〉の追求を企てたウェクウェルトがワイゲルと意見が合わずに去って,女性演出家ベルクハウスRuth Berghausが監督となった。…

【ミラノ・ピッコロ座】より

…幅広いレパートリーの中で特に高い評価を受けているのは,C.ゴルドーニ,W.シェークスピア,B.ブレヒトの作品である。特にブレヒトの《三文オペラ》(1955)と《ガリレイの生涯》(1963)の上演では,西ヨーロッパにおいて最も高い水準の舞台を作りあげ,ストレーレルによるブレヒトの演出は世界の脚光を浴びた。またピッコロ版シェークスピアも高い評価を受けており,なかでもストレーレル演出の《あらし》(1979)は画期的な舞台であった。…

※「《ガリレイの生涯》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone