コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《キリスト教精髄》 きりすときょうせいずい

世界大百科事典内の《キリスト教精髄》の言及

【シャトーブリアン】より

…92年,帰国して反革命軍に投ずるが,負傷してロンドンに亡命。1800年,フランスに帰り,《アタラ》(1801)および《キリスト教精髄》(1802)を発表した。前者は,北米大陸の自然を背景にインディアンの悲恋を描き,後者は主として美的な立場からキリスト教を擁護したものである。…

※「《キリスト教精髄》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《キリスト教精髄》の関連キーワードシャトーブリアン(Françoisシャトーブリアンキリスト教精髄アタラルネ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android