コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《クレア》 くれあ

世界大百科事典内の《クレア》の言及

【ダレル】より

…ジャズ・ピアニスト,カーレーサー,不動産業者,エジプトやギリシアにおける政府情報担当官などを経て,キプロス島における公務を最後に,1957年以後,創作に専念,南フランスに定住している。処女詩集(1931)から《自分だけの国》(1943)を経て《織女星その他の詩》(1973)にいたる詩集や,《サッフォー》(1950)などの戯曲もあるが,世界的な名声を得たのは,〈現代における愛の探求〉を主題とした《アレクサンドリア四重奏》と総称される四部作小説,《ジュスティーヌ》(1957),《バルタザール》《マウントオリーブ》(ともに1958),《クレア》(1960)によってである。はじめの3作では同一事件を異なる角度から物語り,第4作でその後の展開をたどるという構成のこの大作を,作者は〈相対性原理にもとづく四重層小説〉とも呼んでいる。…

※「《クレア》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《クレア》の関連キーワードアンジェラ 15歳の日々クレアチンホスホキナーゼ寒い国から帰ったスパイイオンモール熊本クレアクレアチンリン酸化酵素セント・クレア[湖]デザレー クストークレアチンキナーゼ不思議な世界の物語Homelandターミネーター3カナリヤ殺人事件まごころを君にケーフェリー城タイタンの戦いアウトランダーダーウェント川レ・ミゼラブルオコンナー一族17歳のカルテ