コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《グリーシャ軍曹をめぐる争い》 ぐりーしゃぐんそうをめぐるあらそい

世界大百科事典内の《グリーシャ軍曹をめぐる争い》の言及

【ツワイク】より

…第1次大戦を工兵として,また東部司令部付き通信員として体験。ロシア兵捕虜を人違いとわかりつつ軍の権威のために処刑した事件を扱う小説《グリーシャ軍曹をめぐる争い》(1927)が国際的反響をよぶ(1929年アメリカで映画化)。さらに《1914年の若い女》(1931),《ベルダンでの教育》(1935),《ある王の即位》(1937),《砲火とだえて》(1954),《機は熟す》(1957),《氷が砕ける》(未完)と生涯書き続けたこの連作(《白人の大戦争》と総称)は,第1次大戦についての〈百科事典〉と呼ばれたほど,多面的に戦争を分析した大規模な作品である。…

※「《グリーシャ軍曹をめぐる争い》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《グリーシャ軍曹をめぐる争い》の関連キーワードツワイク(Arnold Zweig)アルノルド ツヴァイク白人たちの大戦争ドイツ文学ツバイクツワイク

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android