コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《ゲオルゲ》 げおるげ

世界大百科事典内の《ゲオルゲ》の言及

【グンドルフ】より

…本名は,F.Leopold Gundelfinger。当時のドイツ文学の自然主義的傾向や,社会の実証主義的風潮に抗して,純粋な言語芸術としての文学を標榜したゲオルゲ派に属した。1920年にハイデルベルク大学の文学史の教授となり,ゲオルゲ派の歴史・芸術理論に基づく精神史的労作を次々に発表した。…

※「《ゲオルゲ》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《ゲオルゲ》の関連キーワードゾルゲ(Reinhard Johannes Sorge)ラインハルト・ヨハネス ゾルゲリヒャルト・フォン シャウカルゲオルゲ・ゲオルギュ・デジ軽やかな小舟にて逃れ出よカール ヴォルフスケールフリードリヒ グンドルフオットー ホイシェレマルク アルブレヒトマックス コメレルR. ボルヒャルトチシュミジウ公園ホフマンスタールウォルフスケールダウテンダイオネシュティ架空庭園の書新ロマン主義ボルヒャルト手塚 富雄

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android