《ドゥーデン・ドイツ語大辞典》(読み)どぅーでんどいつごだいじてん

世界大百科事典内の《ドゥーデン・ドイツ語大辞典》の言及

【辞書】より

…この年を経た《グリム・ドイツ語辞典》の現代化を目ざす新版は,分冊の形で1966年に刊行を開始している。一方,現代ドイツ語の生きた慣用を重視する辞書として,東ドイツ科学アカデミー付属言語学研究所編《現代ドイツ語辞典》6巻(1964‐78),西ドイツから《ドゥーデン・ドイツ語大辞典》6巻(1976‐81)が刊行されており,また《ブロックハウス=ワーリヒ・ドイツ語辞典》6巻が1980年以来刊行中である。 フランスにおける最初の国語辞典は,難航したアカデミー・フランセーズ刊行の辞書に先駆けて出版されたリシュレCésar Pierre Richelet(1631‐98)編《フランス語辞典》(1680)であった。…

※「《ドゥーデン・ドイツ語大辞典》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android