《ドン・カルロス》(歌劇)(読み)どんかるろす

世界大百科事典内の《ドン・カルロス》(歌劇)の言及

【カルロス王子】より

…スペイン王フェリペ2世の長男。その不幸な生涯と謎に包まれた死は早くから反スペイン・キャンペーンの材料となり,その後シラーの戯曲とベルディの歌劇《ドン・カルロス》を通して伝説化され,広く知られるにいたった。両親がともに狂女王フアナの孫であり,かつ従兄妹同士で,カルロスは生来,肉体・精神ともに正常ではなかった。…

※「《ドン・カルロス》(歌劇)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android