《バスカビル家の犬》(読み)ばすかびるけのいぬ

世界大百科事典内の《バスカビル家の犬》の言及

【シャーロック・ホームズ】より

…しかし,《ストランド・マガジン》に1891年7月号から連載された一連の短編小説は爆発的人気を呼び,ホームズの名は一躍有名になった。12の短編を集めた《シャーロック・ホームズの冒険》(1892)以後,《シャーロック・ホームズの思い出》(1894),《シャーロック・ホームズの生還》(1905),《最後のあいさつ》(1917),《シャーロック・ホームズの事件簿》(1927)まで,合計五つの短編集と,前記2編に加えて《バスカビル家の犬》(1902),《恐怖の谷》(1915)の合計四つの長編が発表された。 作者の死後もホームズの人気は高まる一方で,彼を実在,現存の人物と信ずるファンは世界中にいて,各地でクラブを組織している。…

※「《バスカビル家の犬》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android