《バテック》(読み)ばてっく

世界大百科事典内の《バテック》の言及

【ベックフォード】より

…植民地貿易で財を成した父から譲られた巨万の富を注ぎ込んで,東方君主のひそみにならった豪奢なフォントヒル邸を造営し,高価な美術品と稀書珍籍に取り巻かれ,贅沢三昧の趣味生活を送った。唯一の小説作品である,フランス語で書かれた奇書《バテック》(1787。81年か82年に執筆され,英語版は84年に匿名出版されている)は,幻想文学の傑作として,バイロン,マラルメらに絶賛された。…

※「《バテック》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android