《バヤーン》(読み)ばやーん

世界大百科事典内の《バヤーン》の言及

【バーブ教】より

…これ以降教徒たちは戦闘的方針をやめ,その後内部分裂によってバーブ教徒の大半はバハーイー教に移り急速に衰退した。バーブの著作の中で《バヤーン》は最も聖なる書とされ,その基本的教理は,〈神は唯一にして,バーブは神が映し出される鏡であり,何人もバーブに神を見ることができる〉ということである。【黒柳 恒男】。…

※「《バヤーン》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android