《パンデクテン法教科書》(読み)ぱんでくてんほうきようかしょ

世界大百科事典内の《パンデクテン法教科書》の言及

【ウィントシャイト】より

…こうして彼は,将来の立法作業の下地となるべき民法学体系の完成をめざした。代表作《パンデクテン法教科書》全3巻(1862‐70)はその成果であるが,同書は,それまでのドイツ民法学(ドイツ普通法学)の集大成として学界および実務界に絶大の権威を有し,全ドイツ民法学を支配しただけでなく,その後編纂(へんさん)され1900年から施行をみた現行ドイツ民法典(BGB)にもその影響が強く現れている。彼自身も1880年以来約2年間その起草委員をつとめた。…

※「《パンデクテン法教科書》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android