コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《一般理論》 いっぱんりろん

世界大百科事典内の《一般理論》の言及

【ケインズ革命】より

…イギリスの経済学者J.M.ケインズが1936年に刊行した《雇用・利子および貨幣の一般理論(一般理論)》は,当時支配的であった経済学の考え方を否定して,新しい経済分析の枠組みを展開した。このケインズ経済学が経済学の考え方に与えた影響を,しばしばケインズ革命という言葉を使って表現することがある。…

【雇用・利子および貨幣の一般理論】より

…経済学者J.R.ヒックスは,20世紀中葉の第3四半世紀は後世〈ケインズの時代〉とみなされるようになるにちがいない,と述べている。
[《一般理論》成立の背景]
 1929年の世界的な大恐慌はイギリスにも大きな影響を及ぼし大量の失業が生じた。これに対して,後にケインズの論敵となったA.C.ピグー,D.H.ロバートソンらを含めて多くの経済学者は失業救済のための公共事業を支持したが,政府とくに大蔵省を説得して積極政策に転換させるまでには至らなかった。…

※「《一般理論》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone