コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《一般理論》 いっぱんりろん

世界大百科事典内の《一般理論》の言及

【ケインズ革命】より

…イギリスの経済学者J.M.ケインズが1936年に刊行した《雇用・利子および貨幣の一般理論(一般理論)》は,当時支配的であった経済学の考え方を否定して,新しい経済分析の枠組みを展開した。このケインズ経済学が経済学の考え方に与えた影響を,しばしばケインズ革命という言葉を使って表現することがある。…

【雇用・利子および貨幣の一般理論】より

…経済学者J.R.ヒックスは,20世紀中葉の第3四半世紀は後世〈ケインズの時代〉とみなされるようになるにちがいない,と述べている。
[《一般理論》成立の背景]
 1929年の世界的な大恐慌はイギリスにも大きな影響を及ぼし大量の失業が生じた。これに対して,後にケインズの論敵となったA.C.ピグー,D.H.ロバートソンらを含めて多くの経済学者は失業救済のための公共事業を支持したが,政府とくに大蔵省を説得して積極政策に転換させるまでには至らなかった。…

※「《一般理論》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《一般理論》の関連キーワードシュナイダー(Erich Schneider)雇用・利子および貨幣の一般理論ボルツマンの重ね合わせ原理重ね合わせの原理(粘弾性)ネイル・ヨセフ スメルサーL.ウイリアム ドゥーブH. ライベンスタイン貯蓄投資の所得決定理論G. シェルシェネビチ賃金インフレーションアンソニー ギデンスポスト・ケインジアングランドセオリーモーリス アレーデフレ・ギャップパシュカーニスマクロ経済学S. ゲゼル流動性選好説ポエティック

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android