コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《会津風土記》 あいづふどき

世界大百科事典内の《会津風土記》の言及

【新編会津風土記】より

…120巻。寛文年間に保科正之の命により撰ばれた《会津風土記》を改訂増補したもの。界域・山川・寺社・戸数等が記され,またその後失われた多くの古文書も収録されていて貴重である。…

【地誌】より

…編纂の主体からすれば幕府・藩の官撰と私撰とがあるが,幕藩制の確立期にはまず藩撰の領国地誌が成立した。1661年(寛文1)会津藩主保科正之は家老友松氏興を奉行として《会津風土記》(《新編会津風土記》)を編纂し,寛文年間(1661‐73)に完成した。水戸藩の《古今類聚常陸国誌》,磐城平(いわきたいら)藩の《磐城風土記》,貞享年間(1684‐88)には古市剛撰《前橋風土記》が成立,これらは漢文で部門別に編成,中国の《大明一統志》を模範とした儒学的色彩の濃い地誌である。…

※「《会津風土記》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《会津風土記》の関連キーワード六十里越(福島・新潟)新編会津風土記芦ノ牧[温泉]安部井帽山陣が峯城跡会津風土記田村三省友松氏興保科正之田中玄宰沢田名垂藩撰地誌川上温泉地理学こけし会津藩地方史預地

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android