《佩川詩鈔》(読み)はいせんししょう

世界大百科事典内の《佩川詩鈔》の言及

【草場佩川】より

…多作家で,日記をつけるように毎日数首ずつ詠じ,これを〈詩暦〉と称した。その作品は《佩川詩鈔》(1853)に収められる。絵もよくし,とくに墨竹画にすぐれた。…

※「《佩川詩鈔》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android