《俳諧之註》(読み)はいかいのちゅう

世界大百科事典内の《俳諧之註》の言及

【貞室】より

…1625年(寛永2)15歳で貞徳の私塾に学び,18歳のころ俳諧を始めたらしい。野心的で自負心が強かったため,同門の諸家と争うことが多く,亡母追善の自注百韻《俳諧之註》(1632)を批判された腹癒せに,《氷室守(ひむろもり)》(1646)を出して重頼の《毛吹草(けふきぐさ)》(1645)を難じたり,《五条百句》(1663)を匿名で出版,同門の諸家を酷評し自己を賞揚したり,貞徳の没した翌54年(承応3)の歳旦吟で,貞徳直系の後継者を装って人びとの顰蹙(ひんしゆく)を買ったりした。しかし貞徳からは才を認められ,1648年(慶安1)刊《正章千句》に破格の批点を得,3年後には点者を許され,56年(明暦2),遺命によって貞門の代表的撰集《玉海集》を編集刊行,霊前に捧げた。…

※「《俳諧之註》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android