《俳諧問答青根が峰》(読み)はいかいもんどうあおねがみね

世界大百科事典内の《俳諧問答青根が峰》の言及

【俳諧問答】より

…去来は“不易流行”論,許六は“血脈”説を前面に打ち出して論をたたかわせており,蕉風俳論書として第一級の価値をもつ。1785年(天明5),浩々舎芳麿により《俳諧問答青根が峰》として出版され,1800年(寛政12)《俳諧問答》の題で再版された。【桜井 武次郎】。…

※「《俳諧問答青根が峰》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる