コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《入来文書》 いりきもんじょ

世界大百科事典内の《入来文書》の言及

【朝河貫一】より

…その後,同大学で日本史,ヨーロッパ中世史を講義し,76歳でワーズボロに没した。およそ50年におよぶ滞米中の学術研鑽において朝河の名を不朽にしたのは,比較法制史の分野に大きな貢献をなした《The Documents of Iriki》(入来文書)の翻訳,研究であった。これは1917年(大正6)より2年間の日本留学のおり,現地での文書採訪を基礎に29年英米で刊行されたものである。…

※「《入来文書》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《入来文書》の関連キーワード鹿児島県薩摩川内市朝河 貫一入来院定心入来〈町〉朝河貫一市場銭殿原入来

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android