コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《吉事略儀》 きちじりゃくぎ

世界大百科事典内の《吉事略儀》の言及

【火葬塚】より

…古代・中世において,火葬場所を火葬塚とし,遺骨を別の墳墓に納める方式は最も格式の高い葬法であり,公式にこれを行えるのは天皇とその近親者に限られている。天皇・上皇・女院等の葬礼次第を記した《吉事略儀》(12世紀後半頃)には火葬塚について,貴所(火葬地)の施設を取り除いた後に土を盛ること,石卒都婆(いしそとば)を立てること,釘貫(くぎぬき)(木戸)をたて四面に溝を掘ることを記している。また奈良時代には,元正天皇が自らの厚葬を禁じて,火葬地と埋葬地とを別にせぬように詔していることから,逆にこの種の葬法が存在したことが推測できる(《続日本紀》養老5年10月13日条)。…

※「《吉事略儀》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《吉事略儀》の関連キーワード火葬塚

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android