《哲学書簡》(チャアダーエフ)(読み)てつがくしょかん

世界大百科事典内の《哲学書簡》(チャアダーエフ)の言及

【チャアダーエフ】より

…23年7月からまる3年にわたってイギリス,フランス,スイス,イタリア,ドイツを旅し,カールスバート(現,チェコのカルロビ・バリ)では哲学者シェリングを訪問した。26年に帰国後,29年から31年にかけて8編からなる《哲学書簡Lettres philosophiques》をフランス語で執筆,36年その第1書簡のロシア語訳が雑誌《テレスコープTeleskop》に発表されて,識者に一大衝撃を与えた。それは,彼がこの中でロシアの過去と現在を徹底的に批判し,その未来を否定したからであった。…

※「《哲学書簡》(チャアダーエフ)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android