コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《境界の街》 きょうかいのまち

世界大百科事典内の《境界の街》の言及

【ポーランド映画】より

…そのなかで反動化とたたかい,映画芸術の創造を目ざす女流監督ワンダ・ヤクボフスカWanda Jakubowska(1907‐ ),イェジー・ボサックJerzy Bossak(1910‐ ),アレクサンデル・フォルドAleksander Ford(1908‐80)など新しい世代の作家たちが台頭し,29年に芸術映画に献身する人たちの協会〈スタルトSTART〉を設立して〈社会的に有用な〉映画の製作を推進し,30年代および第2次世界大戦後のポーランド映画の礎をつくった。 戦後,45年に製作・配給の全権が国家代行機関である〈フィルム・ポルスキFilm Polski〉に移されて映画が国有化され,強制収容所の残虐と悲惨を描いたヤクボフスカの《アウシュウィッツの女囚》(1948),ナチスに対するゲットーの暴動を描いたフォルドの《境界の街》(1948)といった注目すべき作品がつくられた。1940年代の終りから50年代の初めにかけては,映画行政に〈社会主義リアリズム〉の押しつけというかたちで教条主義的な弊害があらわれたが,フォルドの《ショパンの青春》(1952)やイェジー・カワレロウィッチJerzy Kawalerowiczの《フリジアの星の下に》(1954)などは例外であった。…

※「《境界の街》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone