《大日本地誌》(読み)だいにほんちし

世界大百科事典内の《大日本地誌》の言及

【山崎直方】より

…火山や地震活動にも新しい見解を提示し,日本の地形学の生みの親となった。一方,地誌では東京高等師範学校の同僚佐藤伝蔵とともに高水準の《大日本地誌》10巻(1903‐15)を著作し,これが機縁で17年東宮御学問所で皇太子に地理を講義した。また留学以来,外国地理学者との交流に意を用い,たびたび国際会議に出席して,日本の地理学の地位向上をはかり,22年の国際会議ではIGU(国際地理学連合)の設立に参画,副会長の一人に選ばれた。…

※「《大日本地誌》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android