コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《天下太平記》 てんかたいへいき

世界大百科事典内の《天下太平記》の言及

【伊丹万作】より

…松山市生れ。雑誌《少年世界》に巌谷小波の童話の挿絵などを描いていたが,中学時代からの親友,伊藤大輔のすすめでシナリオを書き始め,1928年5月に設立された片岡千恵蔵の〈千恵プロ〉第1回作品《天下太平記》(稲垣浩監督)のシナリオを書く。以来,伊丹脚本,稲垣監督のコンビによる作品は《無法松の一生》(1943),伊丹の死後に作られた《手をつなぐ子等》(1948)に至るまで9本に及ぶ。…

【稲垣浩】より

…本名は稲垣浩二郎。伊藤大輔や衣笠貞之助の助監督を経て,伊藤の推薦により1928年に創設された〈千恵プロ(片岡千恵蔵プロダクション)〉に監督として入り,伊丹万作のオリジナルシナリオによる《天下太平記》(1928)を監督第1作として発表。続けて伊丹脚本による《放浪三昧》《源氏小僧》(ともに1928),《絵本武者修業》(1929)等々の秀作を放ち,その後監督となった伊丹とともに〈千恵プロ〉を支える二本柱となった。…

【片岡千恵蔵】より

…その後,直木三十五から牧野省三に紹介され,27年,マキノ・プロに入社,片岡千恵蔵の名のもとに連続時代劇《万花地獄》で本格的に映画界へデビュー,時代劇スターとして脚光を浴びるが,28年,マキノを退社,片岡千恵蔵プロダクション(千恵プロ)を発足させた。最初の作品《天下太平記》は,脚本伊丹万作,監督稲垣浩で,ともに伊藤大輔から紹介された無名の新人である。当時,悲壮美をうたった時代劇が多い中,活気あふるる明朗時代劇として輝き,29年,千恵プロは京都嵯峨野にみずからのスタジオを設立,はなばなしい活躍期に入った。…

※「《天下太平記》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《天下太平記》の関連キーワード片岡 千恵蔵芳沢あやめ稲垣 浩稲垣浩

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android