コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

  • コトバンク
  • > 《宇宙論》(ベルナルドゥス・シルウェストリス)とは

《宇宙論》(ベルナルドゥス・シルウェストリス) うちゅうろん

世界大百科事典内の《宇宙論》(ベルナルドゥス・シルウェストリス)の言及

【ベルナルドゥス・シルウェストリス】より

…1156年ころシャルトル司教座尚書となる。《宇宙論》と題され,1150年ころシャルトルのティエリーに捧げられた著作で知られる。これはカルキディウスの《ティマイオス注解》を用い,自然に生命を与える宇宙霊魂は神のイデアに従って働くと見たもので,シャルトルのベルナールとも一致する見解である。…

※「《宇宙論》(ベルナルドゥス・シルウェストリス)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android