《富と厚生》(読み)とみとこうせい

世界大百科事典内の《富と厚生》の言及

【厚生経済学】より

…このうち(2)に関連して,資源投入の私的生産性と社会的生産性との不一致が重要視されている。本書の第1版は前著《富と厚生Wealth and Welfare》(1912)を増補したものであるが,そのうち財政と景気変動に関する部分はそれぞれ別の単行書にゆずられて,第2版以降の本書からは省かれている。【熊谷 尚夫】。…

※「《富と厚生》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android