コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《居延漢簡考釈》 きょえんかんかんこうしゃく

世界大百科事典内の《居延漢簡考釈》の言及

【労榦】より

…北京大学で漢代史を専攻,1932年に中央研究院歴史語言研究所研究員となり,発見されたばかりの居延漢簡1万余点の整理と研究に取り組む。43年に全釈文と考証をまとめた《居延漢簡考釈》を出版,57年には図版冊を公刊し,その間多数の論文を発表して居延漢簡の研究に先鞭をつけた。そのほか古代史に関する研究も多く,著作集として《労榦学術論文集甲編》(1976)がある。…

※「《居延漢簡考釈》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《居延漢簡考釈》の関連キーワード居延遺跡労榦

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android