コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《屋上庭園》 おくじょうていえん

世界大百科事典内の《屋上庭園》の言及

【木下杢太郎】より

…1907年,雑誌《明星》の同人となって詩作を始め,09年《スバル》創刊に参画,本格的な創作活動に従い,美的享楽者の心情を描いた小説《荒布橋(あらめばし)》,南蛮キリシタン趣味の象徴劇《南蛮寺門前》(以上1909),江戸趣味の情調劇《和泉屋染物店》(1911)などを相次いで発表,時代の耽美主義に少なからぬ影響を与えた。一方これと時を同じくして,北原白秋,長田秀雄,石井柏亭,山本鼎らとパンの会を興して耽美享楽の渦をなし,また,白秋,秀雄の3人で季刊同人誌《屋上庭園》(1909年10月~1910年2月,全2冊)を刊行,都会趣味の極致を示した。この時期の詩集に《食後の唄》(1919)がある。…

※「《屋上庭園》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《屋上庭園》の関連キーワードユニテ・ダビタシオンル・コルビュジエルーフバルコニーUENO3153国立西洋美術館ルーフガーデンビヤガーデンスイス学生館北原 白秋木下杢太郎長谷川逸子プランターセクシーJサボア邸バビロン空中庭園屋上緑化長田秀雄屋上庭園パンの会

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android