《年代記》(バル・ヘブライオス)(読み)ねんだいき

世界大百科事典内の《年代記》(バル・ヘブライオス)の言及

【バル・ヘブライオス】より

…その活躍は〈東方のアルベルトゥス・マグヌス〉の名にふさわしい。主著《年代記》は,ムスリムの史書を集成し,これにモンゴルについての知見をも加えながら世界の創造から同時代までの歴史を記したもの。【森安 達也】【佐藤 次高】。…

※「《年代記》(バル・ヘブライオス)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android