コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《御製十全記》 ぎょせいじゅうぜんき

世界大百科事典内の《御製十全記》の言及

【乾隆帝】より

…このほか,シャム(今日のタイ),ベトナム,ビルマ(今日のミャンマー)を朝貢国とし,台湾の天地会による反清暴動を鎮圧した清軍はさらに,91年,チベット侵入をはかったグルカへ遠征し,カトマンズの近くにまで迫った。乾隆帝はかかる武功を誇り,《御製十全記》を作り,みずから十全老人と称した。 多民族に君臨する自負から,帝はモンゴル文,チベット文を誦習し,明確な政策的意図をもってラマ教を信仰した。…

※「《御製十全記》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android