コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《恐ろしき媒》 おそろしきなかだち

世界大百科事典内の《恐ろしき媒》の言及

【エチェガライ】より

…メロドラマ的な作品と社会派的傾向の作品とがあるが,デュマやイプセンなどの影響が認められる。代表作に《恐ろしき媒(なかだち)》(1881),《ドン・フアンの息子》(1892)などがある。【乾 英一】。…

※「《恐ろしき媒》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報