コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《愚神礼讃》 ぐしんらいさん

世界大百科事典内の《愚神礼讃》の言及

【痴愚神礼讃】より

エラスムスのラテン語風刺文学(1509執筆,1511刊)。《愚神礼讃》とも訳される。親友T.モアのラテン名モルスからモリア(痴愚女神)なる存在を着想,人間のあらゆる営為の根源にその働きがあることを聴衆を前にした女神の自画自讃の長広舌という形式で証明しようとした戯文。…

※「《愚神礼讃》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《愚神礼讃》の関連キーワード痴愚神礼讃・癡愚神礼讚エラスムス痴愚神礼讃

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android