コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《扇屋熊谷》 おうぎやくまがい

世界大百科事典内の《扇屋熊谷》の言及

【須磨都源平躑躅】より

…頼朝は重衡の命を助けて出家させる。女装の小萩と桂子の女同士の色模様を趣向にした二段目切が独創に富んだ一場で名高く,《扇屋熊谷》として現在も上演される。影響作に,1751年(宝暦1)12月の《一谷嫩軍記(いちのたにふたばぐんき)》がある。…

※「《扇屋熊谷》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《扇屋熊谷》の関連キーワード須磨都源平躑躅