《敗北と勝利》(読み)はいぼくとしょうり

世界大百科事典内の《敗北と勝利》の言及

【アリシャバナ】より

…また36年に《帆を上げて》(邦訳《火炎樹》)を発表し作家としての盛名をはせた。独立後も親西欧派の知識人として旺盛な評論活動を続ける一方,日本軍人を主人公として東西文化の融合を説く《敗北と勝利》(1978)をはじめとする小説を発表している。【土屋 健治】。…

※「《敗北と勝利》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android