コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《教育科学》 きょういくかがく

世界大百科事典内の《教育科学》の言及

【教育学】より

…彼の後継者たちは19世紀中葉からヘルバルト学派を形成し,教授方法,教育管理などの研究をすすめ,1880年代末(明治20年代前半)から十数年間,日本の教育にも強い影響をあたえた。
【科学としての教育学】
 このように教育学(ペダゴジー)は発展してきたが,社会科学の一つとしての教育科学という自覚が起こってきたのは遅れ,19世紀から20世紀にかけてである。大著《歴史における科学》(1954)で人類の科学の歴史をたどってきたJ.D.バナールはその最終章を〈第1次大戦後の社会科学〉とし,その一節として〈教育の科学〉をあげ,〈他の社会科学からやや離れて立ち科学的立場がさらに不確かな所に教育学がある〉とし,経済学,政治学,社会学などについで,教育学が社会科学として登場したと見たのである。…

※「《教育科学》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《教育科学》の関連キーワードシャーリー ウィリアムズR.E. プレンティス日本ユネスコ国内委員会A.H. レオンチェフフレドリック マレーユネスコ・エコパーク世界図書・著作権デーアレッポとシリア内戦シリアのパルミラ遺跡国際水文学十年計画M. スチュアートジョン ゴートン世界無形文化遺産国際家族計画連盟特定公益増進法人火山都市国際会議ESCIテニス三陸ジオパークUNESCO世界複合遺産

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android