《敦煌千仏洞》(読み)とんこうせんぶつどう

世界大百科事典内の《敦煌千仏洞》の言及

【ペリオ】より

シャバンヌを継いで,《通報T’oung Pao》の編集者となり(1920),コルディエ没(1925)後は,一人でその任にあたった。博学で,中国を中心に東南アジア,中央アジア,モンゴル,チベットなど諸地域の言語,文献,歴史,宗教,美術等に通じ,《敦煌千仏洞》6巻(1920‐26)はじめ,おびただしい数の論文・著書を発表して,世界の学界に大きな影響を与えた。死後も遺稿が続々と刊行されている。…

※「《敦煌千仏洞》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android