《日本の古代国家》(読み)にほんのこだいこっか

世界大百科事典内の《日本の古代国家》の言及

【石母田正】より

…戦時中に執筆し,1946年刊行した〈《中世的世界の形成》〉は,古代から中世への変革過程を実証的理論的に描き出したみごとな歴史叙述で,戦後歴史学の起点としての古典的地位をもつ。その後〈《古代末期政治史序説》〉(1956),〈《平家物語》〉(1957),〈《日本の古代国家》〉(1971)など,次々に多彩な業績を発表,とくに〈《日本の古代国家》〉は東アジア史の全体動向のなかに日本の古代を位置づけるという方法を確立,今日に至る研究の枠組みをつくった。また時論的性質の濃い〈《歴史と民族の発見》〉正・続(1952,53)は,多数の若者の心をとらえた。…

※「《日本の古代国家》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android