コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《春日局》 かすがのつぼね

世界大百科事典内の《春日局》の言及

【活歴物】より

…こうした団十郎らの熱意とは裏腹に,一般観客の評判は悪く,新聞からも批判され知識人の支持もしだいに失い,明治20年代後半には終焉した。現在も演ぜられる活歴物あるいは活歴的演出の作品には《増補桃山譚》(1873),《北条九代名家功》(1884)等の黙阿弥作品,《春日局》(1891),《大森彦七》(1897)などの福地桜痴作品があげられる。演劇改良運動【林 京平】。…

※「《春日局》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《春日局》の関連キーワード中村 駒助(4代目)福地桜痴・福地桜癡治部卿局(2)慶光院周清尼兵庫県丹波市後水尾天皇深谷みさお杉山みどり橋田寿賀子佐藤宏次朗浅利香津代稲葉正則伊嵜充則冷泉経子山崎美貴中谷水嶺堀田正吉三本英明和田幾子安部知子

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android