《時と場所》(読み)ときとばしょ

世界大百科事典内の《時と場所》の言及

【トリーフォノフ】より

…ナロードニキのジェリャーボフを描く歴史小説《焦燥》(1973)は新境地を開くものであった。死後に発表された長編《時と場所》(1981)は,自伝的要素を含めつつ,スターリン時代から現代に至る歴史のなかの人間を描いた問題作である。【水野 忠夫】。…

※「《時と場所》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android