コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《暗黒時代》 あんこくじだい

世界大百科事典内の《暗黒時代》の言及

【ケア】より

…中世の詩の研究の分野での草分けであり,詩の形式,ジャンルへの考察に優れ,《叙事詩とロマンス》(1897,改訂1908),《詩の技法》(1923),《詩の形式と文体》(1928)は大きな影響力をもった。しかし中世を〈暗黒時代〉と見る史観はその著《暗黒時代》(1904)が一世を風靡しただけに,中世を誤解させるもとになったといえよう。ロンドン留学時代,夏目漱石が彼の講筵に列している。…

※「《暗黒時代》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《暗黒時代》の関連キーワードウィリアム・パットン ケアエリス(ギリシアの地名)ティグラト=ピレゼル1世アギアソフィア聖堂ボニファチウス6世ジャン ゲエノーフォルクローレ銀河帝国の興亡宇宙の暗黒時代ジャン ゲーノダークエージギリシア文明ギリシア美術フランス文学中島 孤島小島 憲之ドイツ映画民族大移動幾何学様式イリノイ州

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android