コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《暗黒時代》 あんこくじだい

世界大百科事典内の《暗黒時代》の言及

【ケア】より

…中世の詩の研究の分野での草分けであり,詩の形式,ジャンルへの考察に優れ,《叙事詩とロマンス》(1897,改訂1908),《詩の技法》(1923),《詩の形式と文体》(1928)は大きな影響力をもった。しかし中世を〈暗黒時代〉と見る史観はその著《暗黒時代》(1904)が一世を風靡しただけに,中世を誤解させるもとになったといえよう。ロンドン留学時代,夏目漱石が彼の講筵に列している。…

※「《暗黒時代》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《暗黒時代》の関連キーワードメルビル(Herman Melville)ウィリアム・パットン ケアエリス(ギリシアの地名)ティグラト=ピレゼル1世ボニファチウス6世アギアソフィア聖堂ジャン ゲエノー銀河帝国の興亡フォルクローレ宇宙の暗黒時代ジャン ゲーノフランス文学ギリシア美術ダークエージギリシア文明幾何学様式ドイツ映画イリノイ州ギリシア史ウォール街

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android