《本草綱目拾遺》(読み)ほんぞうこうもくしゅうい

世界大百科事典内の《本草綱目拾遺》の言及

【本草学】より

… しかし,このような大著は一般の臨床医家が使うには不便であるし,他方どんなに大きな書でも薬物についてのすべての情報を収載することは不可能である。そこで,これらの書にもれたものを補うための《本草拾遺》(739,陳蔵器撰),《本草綱目拾遺》(1800ころ,趙学敏撰)とか食事療法に重点を置いた《食療本草》(700ころ,孟詵撰),薬効原理をまとめた《湯液本草》(1248,王好古撰),実用を主眼とした《本草蒙筌》(1565,陳嘉謨撰),《本草備要》(1682ころ,汪昂撰)など,小型ではあるが使用目的を明確にした本草書が作られた。 中国は歴史もきわめて古く,国土も広大である。…

【本草綱目】より

…日本ではこの書を博物学的色彩の濃い書のように考える人もあるが,著者の目的が臨床応用とその理論づけにあったことは明らかで,金元医学の成果を豊富に取り入れている。《本草綱目拾遺》は趙学敏がこの書の誤りを正し,それに漏れた薬品を追加するために著した書である。《本草綱目》《本草綱目拾遺》ともに原文を読みにくい人は《新註校定国訳本草綱目》を利用するとよい。…

※「《本草綱目拾遺》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android