《東京新報》(読み)とうきょうしんぽう

世界大百科事典内の《東京新報》の言及

【朝比奈知泉】より

…在学中から《郵便報知新聞》《国民之友》に論文を寄稿し注目される。1888年山県有朋系の新聞《東京新報》創刊に大学を中退して参加,主筆となる。92年より伊東巳代治の所有する《東京日日新聞》の論説を担当した。…

※「《東京新報》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android