《東方諸国記》(読み)とうほうしょこくき

世界大百科事典内の《東方諸国記》の言及

【ピレス】より

…1511年インドに赴き,カナノールの商館で勤務したのち,12年にマラッカ商館の書記兼会計係および香料の管理人となった。マラッカ滞在中に見聞に基づいて《東方諸国記》(邦訳あり)を執筆したが,これは16世紀初頭の東南アジアについての最も詳細な記述で,その資料的価値は高い。15年インドのコーチンに戻ったが,中国への使節に任命され,16年フェルナン・ペレス・デ・アンドラーデの船隊で出発した。…

※「《東方諸国記》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android