《東海道五十三次絵巻》(読み)とうかいどうごじゅうさんつぎえまき

世界大百科事典内の《東海道五十三次絵巻》の言及

【東海道五十三次】より

…また広重の成功によって,歌川豊国,歌川国芳,渓斎英泉らも東海道を題材に描くようになった。近代に至っては,横山大観,下村観山,今村紫紅,小杉放庵(未醒)の合作による《東海道五十三次絵巻》9巻がある。【松木 寛】。…

※「《東海道五十三次絵巻》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android