《東西南北》(読み)とうざいなんぼく

世界大百科事典内の《東西南北》の言及

【与謝野鉄幹】より

…94年御歌所の古い歌風を排撃した《亡国の音(ね)》発表。渡韓前後の虎や剣を歌った慷慨調の作を収めた詩歌集《東西南北》(1896),《天地玄黄》(1897)で文壇に登場,99年みずから新詩社を創設し,1900年には《明星》を創刊・主宰する。01年《鉄幹子》《紫》を刊行,鳳(ほう)晶子との恋愛を機に星菫(せいきん)調の感傷的な歌風に転じた。…

※「《東西南北》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android