コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《案内記》 あんないき

世界大百科事典内の《案内記》の言及

【リンスホーテン】より

…89‐91年ドイツの大商人フッガー家の代理人としてアゾレス諸島に滞在。92年エンクホイゼンに帰り,同市のパルダヌスPaludanus博士の協力を得て,みずから収集した膨大な資料を《ポルトガル人東方旅行記》《案内記》(ともに1596)として出版。これはポルトガルが独占的に巨利を得ていた東方貿易の実情を暴露し,オランダ人のインドへの航行熱を刺激するとともに,旅行手引書として大きな威力を発揮,ドイツ語,フランス語などにも翻訳された。…

※「《案内記》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《案内記》の関連キーワードいちえふ 福島第一原子力発電所労働記ファン・リンスホーテンアダム・シャールエリトラ海案内記アリカメドゥ遺跡パーンディヤ朝リンスホーテン東海道名所図会アクサーコフアクスム王国高野山通念集ヘカタイオスアフリカ探検ハドラマウト玉屋山三郎モンスーン虎居 徳二岩崎 卓爾ヘレニズム香川 悦次

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android