コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《楽章歌詞》 がくしょうかし

世界大百科事典内の《楽章歌詞》の言及

【朝鮮文学】より


[中世――高麗時代]
 はやく漢詩文をもってする科挙が実施され,漢詩は最高の水準に到達するが,郷歌形式の歌は高麗に入り急速に衰退していった。しかし民謡の一部は口承によって伝わり,のち李朝時代に《楽学軌範》(1493)と《楽章歌詞》(16世紀前半の中宗・明宗代編集)に採録され,その朝鮮語の歌詞を知ることができる。これらの〈高麗俗謡〉は20余首が残されているにすぎないが,いずれも秀歌のゆえに長く伝承されたものであり,母への思慕を歌った《思母曲》,恋人との別離を惜しみ嘆いた《カシリ》と《西山別曲》,歳時風の《動動》は,朝鮮古典詩歌の精華である。…

※「《楽章歌詞》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《楽章歌詞》の関連キーワード高麗歌謡楽府

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android