《槐林記》(読み)かいりんき

世界大百科事典内の《槐林記》の言及

【徳大寺実定】より

…後徳大寺左大臣と呼ばれる。その日記を《槐林記》という。その死に際しては〈幕下(頼朝)殊に歎息し給う。…

※「《槐林記》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android